管理人メモ 2009年12月

 クラブのカウンターでコートを眺めながら、自分宛の備忘録として、思いつくままに記す。
たいていは又聞きだろうし、調べもしないで記す暇つぶしなので、文責なしで願います。

                  2010年1月を開く                          2010年2月を開く

 12月14日(月)

                        ふたご座流星群  

     中途半端な時期にこのメモを記し始めることになりましたが、この時期はファイナルの
   生い立ちに多少は縁のある時節なのです。これについては後日、触れることにして、今日
  は先ず、備忘録として、テニスとは関係ない話。
  
     杉山に3方を囲まれた当クラブは、22時閉店後、照明を落とすと、街の灯りが届かない
   暗闇。しかし晴れていれば満天の星空が現れる。この小さなホールが宇宙に通じてい
   る感じ。今日は照明を落として、しばらく上空を見上げることにした。ふたご座流星群の
   ピークに近い日で、新月も間近、明日は雨の予報なので、今日しかないと思い、一つ見る
   まではがんばってみようと思った。そう思って寒空を見上げること5分、大きな流星が真上
   低空を横切った。2245分頃かな、おかげで心地よい気分で引き上げる。
   皆さんもご覧になれたのかな?(願い事は秘密です)
 

12月15日(火)

                    
                   一昨日聞かれたルールについて

          
   「ファーストサーブを打った後で、ガットが切れた。ラケットを換えてセカンドを
  打っても いいか?」

  「1ポイントの中なので、中断は許されない」と試合中にダメだしされたそうです。
   後で聞かれた私は「合理的に考えて、それはいいでしょう」と答えましたが、
  念のため、調べました。ストリングの切れたラケットでのプレーを認めていない
  通常の試合では、以下のようになっているようです。
  
    ファーストサービスがフォルトの場合は、引き続きセカンドを打っても構わない
     し、交換しても構わない。言うまでもありませんが、ファーストが入れば、そのま
     まプレーを続けるしかありません。
        ただし、フォルトのファーストサーブをレシーバーが反射的に打ってガットを切った場合は、
     レシーバーがラケットを交換するとサービスレットとなり、ファーストからということ になりま
     す。切れたガットでセカンドを受けることもできますが、いずれの場合もポイントが終われば
   交換 しなくてはなりません。 

12月16日(水)

                  双六寿(スゴロクジュ)  

   77歳は喜寿、88歳は米寿、99歳は白寿(因みに111歳は皇寿・川寿)など気の利いた
  呼称があるのに、66歳は無い・・・百貨店協会が提唱している緑寿というのがあるにはあり
     ますが、定着していないし、あまり優れものともいえないなぁ・・・、そこで提案。

  
       「双六寿」はいかが? これは検索しても出てこないので、多分、創作といえるかな・・・

   まさにぞろ目の六だし、スゴロクは楽しい、由緒もあるぞ・・・・。
    
       なぜに、こんなことに拘るかといえば、年が明けるとすぐに、双六とは言えなくなってしま
  うんだな。 そうしたら、今度はロクデナシ(67)寿か? 
 

12月17日(木)

                                         
                                                 「実年」はどこへ行った?

    一時期「実年」なる呼称が厚生省から提唱されたことがありましたが、見事に消え去った
   
ようです。宮崎のテニスでは、壮年というと45歳クラスを指していたと思うのですが、辞書に
  よると、青年期を終えた25歳から44歳くらいまでの、働き盛りの世代を指すようですね。
   
      古くは年壮というと三十路のことを指していたようですから、45歳以上クラスを壮年という
   
のは当たらないようです。でも、最近の長寿社会では、45歳クラスも含めてあげてもいい
   ような気もします。古は何せ年壮が30で、40はもう初老ですからね。
   
      事実、厚生省でも、長寿社会になってきたので、壮年と老年の間にある、50台、60台の
   
呼称を公募して、熟年ではなく「実年」を採用した経緯があるようです。
   いすれにしろ、無理に作った造語はよほどのことが無い限り、生き長らえないようです。
   
しかし、若者言葉だった「ら抜き言葉」のように、言葉は生き物、いかなる非難にも屈せず
   
流通すれば生き残れる・・・。  

12月19日(土)

                 
                                              明日はクリスマスミックス

    宮崎市テニス協会の事務局を預かって、早、8年目。ファイナルがここ細江にホームコート
     を構えたのとほぼ同時期。
    最初は戸惑うことばかりでしたが、スタッフの協力も得られるようになり、私の負担も随分、
  楽になってはきました。賞品はYさんに依頼、景品はNさん、Oさんが大奮闘。荷物運びも
     何人かに手分けして引き受けてもらいました。ひとつでも歯車が狂うと大変ですが、大分慣
  れてきました。でも、安心できる引取り手ができれば、即刻引退します。
   
         コートを確保し、要項を出し、エントリーを受け、入金を確認し、ドローを組み、ドローに試
     合順を入れ、本ドローを作る。その間にホームページ(余りにもお粗末なのですが、今では
     そのお粗末を売りにしているかも)への掲載。
    今までお願いしていたコピーが頼めなくなったので、コンビニコピーでしのいでいますが、
  これが時間がかかる・・・前回は深夜2時間くらいかかってしまい、最後の仕上げとしては
     かなりハードでしたが、今回はKさんが引き受けてくれたので、助かりました。
   
        試合順は手動でコツコツ入れます。この時が、大会の予行演習です。失敗すれば、何
     度もやり直します。何せ、16面で200余試合してもらうのは至難の業なのです。今回は
     今までの教訓を生かせそうです。これで私にとっての大会はほぼ終わったようなものです。
  
       明日は、ただ遅刻しないことだけ・・・。 
         

12月20日(日)

              
                                            クリスマスミックス
  

   大会はほぼ予定通り終了。皆さんご協力ありがとう!天候もよく、怪我人もなく・・・。試合
  はかなり厳しいペナルティで、申し訳ありませんでした・・・でも、そのおかげでか、ほとんど
  滞ることなくコートに入っていただけたと思います。
   
    早朝からでへとへとになりましたが、とりあえず万歳! 
   
    後はクラブの忘年会で飲むのみ・・・カリーノへ急げ!
  

12月21日(月)

               
                              忘年会で始まったファイナル
  
    昨日は、久しぶりに最後まで付き合うつもりで意気込んでいたけれど、アルコールが
  まわるうちに、どんどん睡魔大王が襲い掛かり、耐えられず退散。なさけなや・・・   
   皆さん、ごめんなさい。       今回は総勢45名、皆さんの元気に乾杯!!
    
    1991年12月某日、18年前の忘年会がいわばファイナルの旗揚げだったと思います。
  総勢8名。今日は19回目の忘年会。でも、最初期のメンバーは私一人だけ・・・かな?
  物理的に移動してしまった人もいますが、ほとんどの人はファイナルを離れて、自分に
  適した居場所を見つけて、テニスを楽しんでおられると思います。 
   
    このクラブを通過していった人たち、200名以上はいると思いますが、皆さん私の恩人
  です。随分とテニスを教えてもらいました。私の我侭に辛抱強く付き合っていただきまし
  たし、人間的にも鍛えてもらいました。
   
   最初は錦町の県営コートをホームコートとして借りながの運営でした。
   イレギュラーは当たり前、吹きさらしの、クレーという名のかなりハードなコートでした。
  でもそのおかげで、足腰は鍛えられ、ボールをよく見る習慣は養われたと思います。
   
    みんな熱く、熱く、私は燃え尽きそうになったなぁ。 
   でも、まだ何とか燃えカスにはならないで、微かに燃え続けておりますゾ。
   
    ほぼ10年間もお世話になった県営コートに感謝! テニス仲間に感謝! 
 

12月23日(水)

            
                                                   年越しテニスを復活!
  
    このメモを記し始めたからでもないけれど、少しエネルギーが沸いてきたような気がします。
  Kさんが「年越しをやりましょう」というので、やることにしました。現時点での確定は4名程度。
  完全に出遅れで、準備不足。でも、とにかくやるぞ!  

    今年の最後をテニスで締めたい人、来年の年明けをテニスコートで迎えたい人、つまり

        
Tennis is my life.     な人。

    一緒に新年をお迎えしよう!  たとえ5人くらいしか集まらなかったとしても、一緒にやる!
   
   人数によるので、まだ決めてないけど、何人でもそれに応じて楽しめるようにしたいな。
  シングルスもダブルスも、どちらも、やりたいことを全部やれるようにしたい。
   
     愚痴になるけど、やはりみんな歳をとったなぁ、テニスに草臥れているのかな、無茶苦茶に
    テニスをやる人がうんと少なくなってきたように思う。(お前が一番草臥れてるよ〜)
    何とかみんなで元気なテニスを目指しましょう。
   
     それにしても、今日は偏った一日・・・午前は2〜3人程度、でも午後はあっという間に増
  えて、みんなを急かしながら、ダブルス回し。夜は1人だけ。  
       イブだもん、当たり前か・・・・一喜一憂せず。

12月25日(金)                                                
                          Merry Christmas

      クリスチャンではないけれど、みんなみんな
                          メリークリスマス!
     
    母の影響で、小さい頃は日曜学校に通い、高1で何も考えず洗礼まで受けたけれど、
  受けた途端に、取り返しのつかないことをしてしまったような気になり、すぐに教会を離れ始め、
  以来、50年ず〜っと迷える子羊(特にこの数年は、迷える古悲痛爺)。
      
    僕は信ずるものがないけれど、信ずる人を否定する気はさらさらない。
   この世に何か信ずるに値するものを持ち、それに従って人生の道標を持つことができる人は
   幸せだと思う。
     ただ、僕が思うには、この世で絶対的に正しいといえるものはなく、正義も相対的なもの
   だろうということ。
     夜、星空を眺めながら思うことは、過去、この世界が解ったようなことを言ってきた人
   たちのほとんどは間違い、真実はもっともっと深遠だということ・・・。
     かっての科学者や哲学者たちは、いかに宗教と戦い、翻弄され続けてきたことか・・・
   でも、これらの戦いは宗教とのというよりも、俗世の人間たちとの戦いであったのかも知れ
  ないなぁ・・・。
   
    オメデタイはずのクリスマスに、こんなことをホザいてる俺って、
                                どこまでオメデタイんや・・。

   今日はクリスマス、雨・・・多分、これで閉店かな・・・
    ・・・ と思ったけれど、雨も上がり、山口スクール開講、ファイナルもチラリホラリ。
  
12月26日(土)   
                        伊達さんはやっぱりすご〜い!
   
   少しはテニスのこともメモしないとネ・・・杉山引退、彼女はまさに鉄人、
   本当にお疲れさま
でした。
   
    さて、テニス界、今年の最大のニュースは伊達の大活躍。
   彼女のテニスは、正直、余り真似されない。若者には多分、カッコよくは
   見えないのだろう。でも、僕は前々から、日本の女子選手が 世界で活躍
   するには、 彼女のテニススタイルしかないのではないだろうかと思ってい
   たので、
今だに通用する彼女のテニスには、完全に脱帽するしかない。
     
     ストンと引き落とすだけのバックスイング、フォワードスイングも押し抜
   いていくだけのコンパクトなもの。必要最小限の無駄のないスイングだ。
   予測もすばらしいし、ネット プレーも見事。
     以上が彼女の身体能力と相俟って、あのライジングショットを可能にし
   ているのだと思う。
     イチローが大リーグで活躍できるスタイルを探し当てたように、勝負の
   世界では、そこで通用する自分流のスタイルを磨きあげるしかないのだ
   と思う。

    彼女のテニスは時流に乗ってはいないかもしれないが、日本のテニス
   界は男子も含めて、特にジュニアには参考にしてもらいたいと思う。
     何しろ、現時点では日本の女子ナンバーワンプレーヤーなのだ。
12月28日(月)    
                        本日は日没終了

     今18時、外は暗闇、本日は終了。これから帰ります。知らずにコートに来た人、
ごめん!
   
   今日から年末営業ということで、30日までは日没で終了。今年は楽させてもらいます。
   31日は20時より年越しテニス。
   年越しテニスは完全に立ち上げ遅れたけれど、参加者もどうにか二桁にはなってきた。
   
   未だ、酒とテニスの狭間で決心がつかず、酒に流れようとしているあなた! 来年はやれ
    るかどうか分からないよ・・・大晦日深夜に打ち収め、年越しそばを喰らい、ちょっとだけ暗闇
  に してホールの夜空に瞬く星☆に挨拶し、新年とともに初打ち。  いいと思うけどなぁ・・・
  
    元日は部分月食も見られるそうなので、帰路はお月見かな。晴天を祈る。
      
12月31日(木)                    
                       年越しました、おめでとう! 

    今日は何年ぶりかの「年越しテニス」
    朝から寒風吹き荒び、さながら冬の嵐。14時過ぎにコートに来たら、各コートのテントが
  すべて吹き倒されていた。よたよたしながら取り急ぎ撤収。
  
    今19時、年越しの準備をほぼ済ませ外に出てみると風はかなり治まっている。なかなか
  よろしい。
    年越しが終了したら、少し書き足してグッバイしよう。
      
    年越しリレーテニス、無事、終了。
    2010年へのカウントダウンを、この細江のコートで、20名の仲間とできたことは、何とも
  すが す がしい気持ち。僕自身も2009年の打ち収めをし、2010年の打ち初めもできた。寒
  かったけど、 楽しかった。いい締めくくりと門出ができた。
    
    以前はやるのが当たり前、最近はやらないのが当たり前になっていたけど、「やろう」と
  いう元気は嬉しいね。できれば皆さんの元気のおすそ分けをいただきたい。多くの方の差し
  入れもあり、大変ありがたく、皆でおいしい思い出もいただきました。
    4〜5名でもやろうという出遅れたイベントでしたが、結局、総勢20名。楽しい年越しが
    できました。
    今、元日の午前1時半、これから帰ります。
   
           
   みなさん、あけましておめでとうございます。
      
過去のメモ
2010年8・9・10月 2010年11月12月 2011年1月
2010年7月 2010年5・6月 2010年3・4月 2010年2月 2010年1月 2009年12月