管理人メモ 2010年2月           
異常に暖かい日が続き、もうこのまま春なのかと思った途端に寒気が入り、また寒の戻り
2月14日(日)
コート修繕
                      コート修繕

   2月はちょっと忙しく、ボヤク気力もなく、メモ無しが続きました。
   一つは市の冬季ダブルスがあり、準備に追われました・・・が無事終了。
   もう一つはコートの修理。

   こちらは3日がかりで、ようやく何とかケリをつけました。
   まだというか、もうというか、7年間使い続け、擦り切れたりはがれたりして
  かなり不具合になってきたので、何とかしなくてはと思ってはいたけれど、
  なかなか手付かずで、プレーに支障が出てき始めていました。
   耐用10年といわれていますから、少し早い気もしますが、それだけ使って
  頂いたということですから、ありがたいと思います。でも張り替えるほどのこと
  もないかなと思い、あと2〜3年は我慢しようと、ファイナル方式で修繕しました。
   満足度は40%くらいかな。

   ファイナル方式とは・・・痛んだベースライン付近を3.6m×4.5mで切り取り、
  天地を入替えるというもの。
    痛んだ部分を新品に張り替えると、新旧の継ぎ目に著しい段差ができてしまう
  ので、古い芝のままで、1ブロック毎に天地を入替えようというもの。
    これはコート業者の方は快くはやってくれません。面倒だし金になりにくい。
   
    依頼した業者が結局やらないことになり、職人さん一人をお借りして、基本
  自力でやることに・・・本当に力仕事でした。とにかく1ブロック300キロくらいの
  ものをひっくり返していくわけですから大変。
    職人さんには活躍してもらいましたが腰にきて、コリゴリだったようです。

   僕も腰にきて、左腕にきて、体の修復にも時間がかかりました。まだちょっと
  左の肋骨付近と腰は痛んでいます。

   今日は聖バレンタインデイ、・・・クリスマス同様、今日は皆クリスチャン。
  ぼくも少々おすそ分けに預かりました。
   
2月15日(月)
勝利と敗北
              
                      勝利と敗北

    バンクーバー冬季オリンピックも開幕し、いろいろな勝負にまつわるストーリー
  が生まれていますね。オリンピックもすでに完全にプロ化しているので、勝負が
  すべてみたいになっているけど、これはどうなんでしょうね。
    昨日のモーグル、上村愛子選手の話やサーカー韓国戦の話は、勝負につい
  て改めて考えさせたれました。 
   上村愛子のブログに感動している人も多いようですね。
              http://ow.ly/17nvA

   僕が最初に勝負について思いを巡らせたのは、壮年で国体選手をめざし始
  めた頃。 大先輩のM氏からいただいた小冊子、チルデンの「ベターテニス」。
   チルデンはチルデンセーターで親しまれていますが、全米7回、全英3回優勝
  の経歴を持つ、当時(1893〜1953)最強の選手です。僕が10歳の時、亡くなって
  ますね。
    この本には、テニスのいろいろな戦略、戦術、気持ちの持ち方や、プレーの
  仕方などが書かれていて、大変勇気付けられたし、基本的なことを教えられま
  した。
   「勝利と敗北を等しく遇しなさい」という言葉は、今でも僕の大切な座右の銘の
  一つです。チョコチョコと中略しながら引用すると
    「チャンピオンは敗北の労苦に耐えて生まれる。・・・失意の中にあっても、目的
  に向かってしっかりと鍛えつつあることを悟るべきだ。負けた試合から作戦とか、
  心構えとか・・・学ぶことができれば・・・完全な試合を習練する上に、一歩前進
  することになる。・・・敗北は不名誉ではない。本当の不名誉は、試合を投げたり、
  しょげたりすることである。・・・勝った時、世間がいうほどすばらしいプレーヤー
  でもないし、負けた時、決してそれほど下手なプレーヤーでもないということが、
  本当である。・・・・・・・
    などと続いていきます。
  
    僕ら草テニスプレーヤーでも、やはり勝ちたいし、負ければ悔しいしメゲます。
  そんな時、どう対処し、発展的に明日に繋げていくか、特にジュニアには大切な
  問題ですね。
 
    後で知りましたが、イギリスの詩人、キップリングの 「if」 という詩の中にもあり、
  ウィンブルドンのセンター・コートに向かう扉の上に掲げられているそうです。 

    フェデラーとナダルが、これを読むシーンです(youtube)。
       http://www.youtube.com/watch?v=vEeLh5ItQcY

    上のシーンもリンクしているキップリングの詩が載ったブログです。
      http://tennis55.exblog.jp/9021185/
     チルデンについては
            http://www.jouhoumou.net/~au-saga/lendl/tilden_index.html
2月24日(日)
ノーサイド
                    
                   ノーサイド

   僕は中学の時、少々、軟式テニスをかじった経験はあるけど、硬式テニス
  を始めたのは40を過ぎてから・・・。
   初めの頃は、ゲームが終わってから、ネットを挿んでする握手に、違和感があり、
  なかなか馴染めなかった覚えがある。日本人だもん、お辞儀して終わればいいの
  に、なんて思ったものだ。
   
   でも、今は違う。ネットを挿んで4時間近い熱闘を戦い抜き、その後、握手してい
  るトッププロの姿は美しいものだ。相手の健闘に敬意を表して、しかも、途中のい
  さかいやトラブルをリセットしてしまうこの握手は、なかなか味のあるものだと思え
  るようになった。
   
   ラグビーでいういわゆる「ノーサイド」。
   体ごとぶっつかり、文字通り、死闘を繰り広げるラグビー。
   喧嘩の後だから、試合終了後、絶対わだかまりが残ると思うけど、そこを、この
  ノーサイドの精神が救い、かえって友情を深くするというのだ。すごいことだなぁ。
  このノーサイドについては、日本人の思い入れが深いようで、発祥の地イギリスで
  はもう死語に近いらしいけど、この精神は、生き長らえてほしいと思う。
   
   テニスはなかなか厳しいスポーツです。特にシングルスは、草テニスでも1時間
  近くも1対1で対峙しなければならない。しかも、ほとんどの草テニスは、セルフ
  ジャッジで、いろいろトラブルも生じる。それらのわだかまりを越えて、しっかりと
  握手できることはすばらしいことだと思う。
   
    喧嘩をして、「あいつとだけは絶対にしない
なんてことを聞くとほんとにがっかり
  してしまう。「喧嘩はおおいにやったらいいけど、テニスくらい一緒にやれよ」と言う
  の
が僕の口癖です。
    だって、テニスはソレを越える楽しみをくれるものだから
・・・。

   ノーサイドの紹介2点

      一つは短いの:村上晃一の「ラグビー愛好日記」
 http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/2008/12/post-2f18.html
   
       もう一つは長いけど面白いよ:日比野 弘「ラグビーに学ぶ・・・・」
     http://homepage2.nifty.com/35292/rugby.html

 3月へ続く    2月トップへ 1月へ 2009年12月へ